季節ごとに拾い集め、自然感を失うことなく保存処理した「地衣(ちい)」によるジュエリーを、2013年以来展開しています。

 「地衣」とは、水に支配される藻類と菌類とが共生してできた植物群で、地表・岩・樹皮などの生殖母体と合体し、その成分を吸い込んで生息します。

限りない形体で存在する地衣は、地を這うように、空を仰ぐように、ゆっくりとゆっくりと毛細血管のごとく広がっていきます。この魔法によってフラクタルな図形が放たれるのです。

 パールをはめ込んだ地衣の世界を身にまとう・・・。壮大な世界観を瞑想させるような素材に変化するジュエリー、その本体そのものが宇宙へと開く窓なのです。

 植物の繊細なる美しさに敬意を表して、この美的探求を「ビジュー・ビジュー」と名付けました。これは≪自然素材の彫金術≫だと思っています。

© 2014 by LENA HUPSTAIRS
 

  • Twitter Clean
  • Flickr Clean